トクダス別館TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 未分類 ≫ バッテリー内蔵で3時間見られるテレビを東芝が発売。

バッテリー内蔵で3時間見られるテレビを東芝が発売。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
東芝が、バッテリを内蔵し、3時間みられる
19型の液晶テレビ「REGZA」の新モデルを、
7月1日から発売する予定です。

これで、お昼の電力使用ピーク時間帯に 電気を使わず、
バッテリで使うことができますね。

ただ3時間だけなので、お昼から夜にかけてずっと
というのは無理なようです。


あくまでもピークシフトということで、
これによる電力料金が安くなるという訳ではなさそう。

また一般のテレビだけでなく、ワンセグ機能もついており、
そちらなら、もっと長時間、バッテリで見られるようです。

以前、別のブログでご紹介しましたけれど、
こうしたバッテリ内蔵テレビ「PowerTV PC1」を、
東芝はすでにASEAN諸国で発売しています。

これは、そうした国々では停電で発生することが多く、
電力供給が安定していないため。

日本とは、事情が違うわけですけれど、
バッテリ内蔵テレビがあれば安心は安心。

まあしかし日本だと、携帯にワンセグ機能がついているので、
そちらでテレビが見られるので、実際の所、
災害時の情報収集という面では、必要性は低そうです。
スポンサードリンク
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
以前、日本の家電メーカーが海外で発売している 電気製品ついて書いたことがありました。 売れている中の一つが、バッテリ内蔵テレビ。 停電になっても、 [続きを読む]
from  (2011年04月21日 10:20)
Copyright (C) トクダス別館. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。